旭区中希望が丘エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 希望が丘校へ!

menu

旭区中希望が丘エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 希望が丘校へ!

こんにちは!!英才個別学院希望が丘校の関口です!

 

 

9月から10月にかけて何かと騒がれている「消費税」

今回は【公民の勉強】ということで、この消費税について簡単ですが説明していこうと思います♪

 

そもそも消費税が導入されたのは1989年(平成元年)で、導入の大きな目的は、今後さらに進んでいくであろう高齢化社会で増え続ける社会保障費をまかなうためです。

最初は、消費税は3%だったんですよ。

それまで1円玉や5円玉はあまり使わなかったのが、一気に増えた印象がありました。

この消費税が3%→5%→8%→10%と段階的に引き上げられてきているわけです。

 

この消費税は「間接税」という税金に分類されます

間接税とは、納税義務者(税金を納める義務がある人)と担税者(税金を負担する人)が違う税金をいい、消費税の他には、たばこ税や酒税などがあります。

これに対して直接税とは、法人税や所得税のように納税義務者と担税者が同じ税金をいいます。

買い物をしたときに自分の財布から消費税を直接支払っているので、直接税だと思ってしまうかもしれませんが、

その支払った消費税はいったんその購入先(お店:事業者)に預けられる形となるのです。

 

この消費税から生まれる金額は、いまや法人税を超え、所得税に並ぶ国の大きな税収となっています。

ちなみに、今後も消費税の税率を上げようとする動きがあり、最終的には欧米並みの税率(20%ぐらい)まで引き上げたいとの事です。

 

社会福祉にかかるお金は今後も膨らんでいくことを考えると仕方のないことかもしれませんが、今一使い道が分からないのが納税者の不満の要員ではないでしょうか?

明らかに「消費税はこれに使って、皆さんの生活にこう関わっています!」というのが分かると良いのでしょうが・・・なかなか難しいですかね?

 

改めてですが、消費税は私たちがほぼ毎日かかわっている、最も身近な税金です。

10%への増税を控えている今、消費税がどのような税金であるか、またその目的を知ることで納得して納税できるかもしれませんね。

 

 

消費税に関しては、軽減税率などまだ知っておきたい用語もあります。

きっと10~11月に行なわれる定期テストの時事問題では出題される学校が多いでしょう。

 

・・・ん?時事問題?

お任せくださいっ♪

英才個別学院では、オリジナルの時事問題対策プリントを「無料定期テスト対策」にて配布しています!

ご参加いただけた方には塾生・外部からのご参加に関わらずお渡しできますので、ご希望の方はお気軽にお問合せくださいね。

 

※無料定期テスト対策は、基本定期テストの2週間前から実施していますので、お電話などでお問合せください。

 

 

 

+:.***英才個別学院 希望が丘校 概要***.:.+.:*:

【住所】神奈川県横浜市旭区中希望が丘198-10 第3山庄ビル3F

【授業時間】

●平日 17:00~21:30

授業①:17:00~18:25 授業②:18:30~19:55  授業③:20:00~21:25

●土曜日 14:00~21:30

授業①:14:00~15:25 授業②:15:30~16:55 授業③:17:00~18:25

授業④:18:30~19:55  授業⑤:20:00~21:25

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【教室へのお問合せは】

①当教室ホームページよりお問い合わせください

http://www.eisai.org/kibougaoka/

②当教室までお電話ください 045-360-9900(14:00~21:00 日・祝休み)

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 希望が丘校 フェイスブック
英才個別学院 希望が丘校 ツイッター
英才個別学院 希望が丘校 YouTube チャンネル