旭区中希望が丘エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 希望が丘校へ!

menu

旭区中希望が丘エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 希望が丘校へ!

2018年問題とは!?

こんにちは!

英才個別学院 希望が丘校の寺澤です。

今回は、

2018年問題ってなに?

って思われている方がたくさんいると思ったので、調べてみました。

是非この機会に読んでみて下さい!!

 

2018年以降に大学進学者数が減少するというのが2018年問題と言われています。

文部科学省の推計(※1)のデータによると、18歳人口(高3生)が2018年頃からどんどん下降をしていく見通しです。
※1参考:文部科学省「18歳人口と高等教育機関への進学率等の推移」

全国の大学の定員数を受験生数が下回り、いわゆる【大学全入時代】がやってくることになります。

経営難や閉校に追い込まれる大学が急増すると言われており、各大学は定員確保の為、学校方針や試験制度の改革、設備環境の整備 などを急ピッチで行っているのが現状です。

これにより受験にどのような影響がでるのか・・・

一言でいうと【大学間の競争が激化】が予想されます。

学生達に選ばれるような工夫、つまり特色ある新学科の設立や就職に直結する 資格取得制度を設けたり、

キャンパスを学生に人気の街へ移転したり、と様々な取り込みを行ってきます。

これにより、学生達の学校選びが非常に難しくなっていきます。

また、学生達に学校選びの主導権があるため、人気の大学がますます人気を集め、【入試競争率が激化】する可能性があります。

大学全入時代とはいえ、希望の進路を実現するためには、高い学力が求められることは変わりません。

2018年問題の影響は大学受験だけでなく、就職活動にも影響します。

学生が自由に大学を選べるようになったため、

就職活動においては、出身大学について、

「なぜその大学・学部を選んだのか」

「その大学・学部で何を学んだのか」

「学んだことを企業の中でどのように活かしていくのか」など

どのようなビジョンを持って進路を決めていくのかが非常に重要となります。

 

進路指導をする際に私が気をつけていることは、

「目の前の受験だけをゴールにしない」です。

より大きな目標のために日々講師と共にがんばっています。

夏期講習の参加もまだまだ受付中です!

ぜひ英才個別学院 希望が丘校で一緒に頑張りましょう!

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 希望が丘校 フェイスブック
英才個別学院 希望が丘校 ツイッター
英才個別学院 希望が丘校 YouTube チャンネル