旭区中希望が丘エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 希望が丘校へ!

menu

旭区中希望が丘エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 希望が丘校へ!

こんにちは!英才個別学院 希望が丘校の原田です!

ついにGWが明けました!

今年は改元もあって、例年より長いGWでしたね。

 

 

 

 

旅行や帰省をしたり、家でのんびり過ごしたり、、充実したGWを過ごされた方も多いと思います!  

ここで気をつけなければならないのが、

そう、五月病の存在・・・・

「連休明けの出社、だるいなあ」と思っていらっしゃる保護者の方も多いのではないでしょうか(笑)

ですが、五月病にかかるのは大人だけではありません。

子どもだって五月病にかかってしまうのです・・・!               

 

 

 

 

 

 

 

特に今回のような長い連休が明けると、

勉強に対するモチベーションが取り戻せなくなってしまったり、

人間関係などに悩みを抱えている子の場合、学校にすら行きたくなくなってしまうことも・・・  

 

恐ろしや五月病。何か解決策はないだろうか・・と、Google先生に聞いてみたところ、 このようなページを発見しました。

【「五月病」10連休の影響で例年より重症? 子どもに見られる症状と対策】ReseMom(リセマム)

 

この記事によると、お子様の五月病に対して保護者の方が気をつけるべきポイントは主に2つ

1つは「無理せず」「少しずつ」という思いを持つことだそうです。

通常のGWでさえ、子ども達は学校生活への適応に苦労すると言われています。

特に10連休もあった今年のGWではその傾向が顕著です。

そういったことを意識し、急かしたり叱ったりしすぎず、

「無理せず」「少しずつ」もとの生活に慣らしてあげることが重要であると言えそうですね。  

 

もう1つは、「量」より「質」を重視した親子関係を目指すことだそう。

多くの時間を親子で一緒に過ごす=良い関係 という訳ではなく、

親子で何をしたのかが大事であり、それによって子どもの育ちにつながったのか、親子の信頼関係を強めることができたのかということがポイント

とのことです。

「共働きで子どもと一緒にいれる時間がどうしても短くなってしまう・・・」という方も、

「一緒に過ごせる時間」を大切にする、という意識を持つことが重要なのかもしれませんね。

そうした関係を築くと、お子様の変化にも気付きやすくなると思います。

もしそうした変化に気付いた時、特に思春期のお子様に対しては、

無理に聞き出す必要はないそうです。

学校においては、担任以外にも養護教諭などがそういった悩みを受け止める役割を担っています。

また、現在では学校以外にも、市区町村や都道府県が電話メールLINEなどのSNSでの相談窓口を設置しています。

そうした選択肢があることを教えてあげる、というのも良いサポートの方法であると言えそうですね。  

 

以上が五月病のお子様への対応方法だそうです。

私もとても勉強になりました!

 

  希望が丘校でも早速、GW明けの授業がスタートし、新学年最初のテストに向けて対策をしている真っ最中です。

生徒の皆さんにも少しずつ勉強モードに戻ってもらえるよう、講師一同奮闘しております!

そして、これを読んでくれている生徒の皆さんは、くれぐれも体調には気をつけつつ、打倒!五月病で一緒に頑張っていきましょう!

 

 

+:.***英才個別学院 希望が丘校 概要***.:.+.:*:

【住所】神奈川県横浜市旭区中希望が丘198-10 第3山庄ビル3F

【授業時間】

●平日 17:00~21:30

授業①:17:00~18:25 授業②:18:30~19:55  授業③:20:00~21:25

●土曜日 14:00~21:30

授業①:14:00~15:25 授業②:15:30~16:55 授業③:17:00~18:25

授業④:18:30~19:55  授業⑤:20:00~21:25

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【教室へのお問合せは】

①当教室ホームページよりお問い合わせください

http://www.eisai.org/kibougaoka/

②当教室までお電話ください 045-360-9900(14:00~21:00 日・祝休み)

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 希望が丘校 フェイスブック
英才個別学院 希望が丘校 ツイッター
英才個別学院 希望が丘校 YouTube チャンネル