旭区中希望が丘エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 希望が丘校へ!

menu

旭区中希望が丘エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 希望が丘校へ!

 

セミの寿命は1週間???

 

 

皆様こんにちは。

英才個別学院希望が丘校の関口です♪

 

8月に入って最高気温がほぼ毎日34度超えていますっ!

俗に言う『うだるような暑さ』ってやつですね・・・。

 

ん?

「うだる」って何?

 

 

 

これ、漢字で書くと「茹だる」って書くんです。

つまり「ゆで(茹で)あがっちゃう暑さ」ってのが由来なんです!

・・・恐ろしい。笑

 

 

さてさて、今回のブログは今とても騒がしい「セミ」について。

セミって地上に出てから1週間ぐらいが寿命だというのが、一般的に言われていることですよね?

でも、実はこれってちょっと違うんです。

 

ということで、セミの一生についてと、なぜ一週間というのが常識になっているかについてご説明♪

 

セミ自体の寿命が一週間ではないというのは知っている人が多いと思います。

 

まず、セミは夏の成虫の間に木の幹に卵を産みます。

その卵が孵化するのは翌年の梅雨どき。

孵化した幼虫は土の中へ潜っていきます。

その後、セミの一生の大半は土の中で過ごすことになります。

なんとその長さは3~17年にもおよぶのだとか!

人生の大半を土の中でゆっくり成虫になっているのです。

 

そして、成虫になったセミは地面の温度を感じながら「今だっ!」という時に地中から出てくるのです。

 

ここで、今回の疑問である「なんでセミは1週間ぐらいしか生きられないの?」という話し。

じつは環境さえ整えば1か月ぐらいは生きられるんです。

ではなぜ「1週間」説が定説になっているのか?

これには先ほどの「環境が整えば」が絡んできます。

セミはとても外的が多い生物です。

人間・鳥など以外にも、猫なども天敵です。

それだけではなく、昆虫の中でもカマキリ・ハチ、そしてアリなどもセミを狙っています。

なので、出てきてもすぐに狙われちゃうので、寿命が短いと言われているわけです。

 

おまけでもう一つ。

勉強している時に気になってしまう「ミーンミーン」とあのうるさい鳴き声ですが、あの鳴き声はオスとメスが出会う確率を高めるためだと言われています。

地上に出てきてから外的に狙われる前に子孫を残すためには、すぐに相手を見つける必要があるわけですね。

生物たちの成長や行動にはすべて意味があるってことです!

 

なので、あの鳴き声であまりイライラしてあげないでください。笑

 

ちなみに英才では、セミの鳴き声を気にすることなく涼しい空間で授業はもちろん、自習スペースもありますので、集中して勉強したいあなたは、ぜひ教室をのぞいてみてください♪

 

 

 

+:.***英才個別学院 希望が丘校 概要***.:.+.:*:

【住所】神奈川県横浜市旭区中希望が丘198-10 第3山庄ビル3F

【授業時間】

●平日 17:00~21:30

授業①:17:00~18:25 授業②:18:30~19:55  授業③:20:00~21:25

●土曜日 14:00~21:30

授業①:14:00~15:25 授業②:15:30~16:55 授業③:17:00~18:25

授業④:18:30~19:55  授業⑤:20:00~21:25

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【教室へのお問合せは】

①当教室ホームページよりお問い合わせください

http://www.eisai.org/kibougaoka/

②当教室までお電話ください 045-360-9900(14:00~21:00 日・祝休み)

 

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 希望が丘校 フェイスブック
英才個別学院 希望が丘校 ツイッター
英才個別学院 希望が丘校 YouTube チャンネル